第45回記念二元展

桂冠賞

「中世の街」

石川 世始子

 大きな建物と広場を中央に、周りに家並をただ円形に配した。

俯瞰する視点と全体の構成に工夫がある。

また陽射しを浴びるセピアの諧調が快く、ことにも中央の広場の明晰な明暗がよきポイントとしている。