第47回二元展

石川 世始子

「赤い屋根の街」

  同題の3点連作。櫛比する赤い屋根の向きや角度、あるいは大小が醸し出すバランスやリズムの面白さも狙いだが、その街並を割って走る白い道や広場がポイント。画面の空間とも引き締め役ともなる。