第51回二元展

 

石川 世始子

「赤い屋根の集落 I (ドルチェアックア)」

 

 櫛比する赤い屋根が丘上の堅固な建物にせり上がる。陰る崖壁や丘の向こうの木立ちが緩衝帯となって疎密のリズムをつくり出す。二つの集落をつなぐ石橋が良きアクセントになっている。(中野)