第48回二元展

 

「大地III」

國方 晴美

 茫々と広がる大地に常に目を向ける。雨が降れば泥濘と化し枯草が折り敷く。水溜りには小さな空が映り薄は風に揺れ、遠くかすかに民家がのぞく。声高ではないが確かなメッセージが聴こえてくる。