第51回二元展

 

國方 晴美

「大地 II 」

 

 画家の眼差しは大地に向かい続けている。それも実り豊かな緑なす大地ではなく、むしろ荒蕪地である。この作品は野焼きの場面であろうか。ひたすらなる凝視と執念が、泥臭さを超えて聖なる世界へ近づく。(中野)