第52回二元展

 

國方 晴美

「歴日の詩 II 」

 

 同名タイトルで3点、いずれも鳴戸の渦潮を描いた。 II は船で渦に接近したのだろう、至近距離で圧倒された渦の勢いをとらえた。青緑の渦はまるで怪獣の舌のような鋭さがある。説明を廃除して焦点を絞り切った。(中野)