第72回独立展

 

 

伊藤 弘之

「カルーセル(さくら)」

 

 月下に枝垂れ桜が艶やかに香り、馬が空を翔び、地には回転木馬。

馬シリーズの連作。

深々としたブルーが沈潜する想いを深めるが、馬への単なる郷愁に終らせない、重奏する思いを内包する。