第35回元陽展

 

 

雫石 佳秀

「フイラの海」

 

 丘陵の斜面に蝟集する集落をモティフとする連作。

白い箱形の家々が地中海の青に染まって軽やかなリズムをつくる。

白からブルーへの美しいグラデーションの中に配された黄が効いて印象度を高めている。