第52回光陽展

 

京田 徹夫

山燃える(桜島)」

 

 桜島をその裾野からダイナミックにとらえている。

夕陽に赤々と燃える峻岳、そして大きく湾曲する裾野の森、その対比がドラマチックな上に、小さな屋並が山の大きさを、併せて画のスケールを大きくした。