第60回記念光陽展

 

京田 徹夫

桜島(城山より)」

 

 西南の役で西郷隆盛が立て籠った最後の激戦地、城山から錦江湾越しに噴煙たなびく桜島を望んだ作品である。これまでも桜島を描き続けた画家にとってこの場所は原点であろう。イエローオーカーが映える。(松)