第107回光風会展

 

清水 優

「河口の船溜まり」

 

 船溜まりを描き続けるが、今作にも構成に工夫がある。手前の白い船の水平からジグザグに奥へ向かい、水平線に至る。左手の波止場の直線とその右先の斜面。その間に配される赤や緑。興深い趣きがある。(中)