第97回光風会展

 

西田  亨

「疎林の秋」

 

 北の厳しい風土を鋭く抉る作品の一方で、今作のような身近な爽々とした景への共感を素純に表現した作品を併行して制作。何という特色もない風景によせる愛着が、日常的な普遍性にまで高めていよう。