第43回日展

 

西田  亨

「黒姫山と琵琶島」

 

 悲恋の伝説も今は昔の物語り。琵琶島を抱くように鎮座する黒姫山。厳しい冬からようやく春がめぐり来て、やわらかな春光を孕んだ空の下、静かなたたずまいを見せている。命ある喜びが満ちてくる。