第91回光風会展

 

西田 亨

「或る日」

 

 めずらしく室内の婦人像を描いて、実に端然端正な作品となった。

長い風景制作から今ひとたび原点へ戻っての見つめ直しの思いがあったか。

端然端正はその構成・人物にあるが、画家の人間性そのものである。