第40回日展 洋画

 

西田  亨

「谷の秋(諏訪峡)」

 山や滝の峻厳な景の美を描き続けるが、今作は渓谷の秋。俯瞰する構図がユニークで興趣深い。むずかしい構図を自家のものとする力量の流石と共に、木立ちの盛り上りと砂州と清流が展開する自然の造形。