第52回新象展

 

大石 法枝

「対話(光と風)」

 連作。抽象構成と色彩で光と風の多様な表情をとらえイメージさせる。陰影をもつ4つの帯状が交叉する堅固な構成を吹き抜けるようにキャタピラ状の帯が走る。縁に添えた青、黄緑が効果をあげている。