第55回記念新象展

 

大石 法枝

「対話(光と風)」

 

 まず、鮮烈な赤が立ち止まらせる。交錯するスパイラルを内包した線は風の騒めき、黄色と青に縁取られた線は光の残像か。白いキャタピラ状の帯が心地よい対比となり爽かな響きを奏でる。(松)