第61回新象展

 

大石 法枝

「対話(光と風)」

 

 深みのある赤は画家が好んで用いる。カラス口によるシャープで繊細な細・中・太の線とR(カーブ)との対話を、色彩も構成もシンプルに表現。光と風と対立・対話には人間社会への深い隠喩もこめて。(中)