第79回新構造展

 

 近藤 たいわ

「火の神誕生」

 土偶の横顔を大きく中央に、周囲に様々な顔を布置しながら帯状に連続させる構成に創意と工夫があり、全体を火の色で統一、調和させ、ロマンを駆り立てている。

土偶、埴輪を火の神誕生とした題もいい。