第51回二元展


頭師 まさ子

「バスティアの港」

 

 港の午下がりであろうか、大小の船々が帆を休めて停泊し、港沿いの中世の建物群は溢れる陽射しに照り映える。小波の水面が彩り豊かに、旅人の眼を楽しませてくれる。静かさに活力を感じさせる。(中野)