第66回中美展

 

山本 好子

「四年目の春(除染)」

 

 積み上げられた除染袋の山に息を呑み、遅々として進まぬ行政に怒りを覚えながら、あらためて見つめるとゴミ袋はピエロにも見えてくる。いずれナカッタコトにしようとする、まったくもって噴飯物だ。(中)