第59回中美展

山本 好子

「酷暑日のいらだち 」

 古新聞を破いた紙片を貼り合わせて着色、一部題字が読みとれる。

中央の日傘のような円は時計で一日を表し、昼も夜も暑い意か。赤・橙色が炎暑のイメージを煽る。

どこかユーモラスが救い。 (中野)