第40回記念主体展


続橋  守

「 ふたつの建物」

 

 廃墟となった工場群を描き続ける。

廃墟は無でなく確かな存在としてとらえる目がある。

この作品では中央二分割という大胆な試みに挑戦、構成を割りながらむしろ二つを一つに収劔する力が生まれた。  (中)