第84回 国展

 

推名 久夫

「それぞれの刻」

 

 中学卒業の集合写真。セピア色が時の流れを既に思わせるが、色褪せながら決して褪せることのない時間が封印されたまま蘇る。誰もが抱えこむ過去を暴いてやまぬ、些かの恐怖感を伴いながら…。