第40回記念主体展


伊勢 正史

「何処へ(佐渡)」

 

 何となく自然と対して茫然と立ち尽くすことがある。

あの雲は、風は、波は一体何処へ行くのか。

そしてこの私は? 岬にひとり立つ灯台、三角波を立てる海面、空、ここに満つる気。風景に心を託す。