第93回二科展

 

伊庭 新太郎

「電 球」

モザイク状のブルーに登場するのは日常身辺のものたちだが、それが意表をついた新鮮さで立ち上がってくる。ペイブメントを過ぎ去った様々な足音を照らし出す電球と読めば、そこには壮大な時空間が浮上する。