第65回記念 一水会展

 

 

「 悠久の刻」   山川義夫

 

 

 冠雪の峻峰が煌々と陽に照り栄えて、その姿をきわ立たせている。前景の紅葉とかげった暗部との配意の効いた描写 が、雪山と対比していっそうの効果をあげている。全体に抑制の美が格調を生んでいる。(中)