第58回行動展

 

 

 

象-2003

早坂 貞彦

 上下に色と象形を対称的に対比させながら、濃黒とかすれで両者をつなぐ。象としての美しさと同時に現今の国際状勢をも視野に入れた造形表現となっている。板面 を思わせる処理が心情的好感を喚起している。