第8回行動美術TOKYO展

早坂 貞彦

「象―2017― 1」

 

 いくつもの面を重ねたスウィーツのようにもみえるが、現代の諸相の断面を重層的に構築して、今日という状況をきり拓き、トータルとして呈示する。つかみ難い現象を象(かたち)に視覚化する。(中)