第65回記念 

一水会展

   「大地の詩(塩湖)

    ・アタカマ 」    

江守 マリ子

 

 アタカマの女性の連作。働く女性の健康的な明るさが気持良い。とかく土着の人々を描くと泥くさく描き過ぎる嫌いがなくもないものだが、自身と同じ目線でとらえる姿勢がここにはある。(中)