第104回日本水彩展

 

碓田 順彦

「彷徨の窓」

 

 繰り返し止まぬ紛争への悲劇、それに負けずに平和を求める人物賛歌が、力強く、密度の高い画面に凝縮されている。強い意志を示す眼、裸体群像の背中、あるいは手の表情の有機的構成に精神性がこもる。(中)