105周年記念日本水彩展

 

碓田 順彦

「彷徨の窓」

 

 仕切りながら連鎖する場面ごとに登場する女性たちの表情(存在)が魅力的だ。生きる力を信じ、希望を持ちながらも、不安やとまどい、懊悩に苦しむ。いまを生きることのさまよいと祈りをブルーと赤が象徴する。(中)