第58回一線美術会展

 

浅見正一

「春を待つ 」

 小さないくつもの台に牛骨とトランプ、狐の面やガラスのジョッキが置かれた静物画。

牛骨はメメントモリの象徴故、画面は重く静もっているが、背後の壁に揺曳する光が生への予感と望みを象徴する。