第67回  新制作展

 

 

「 八方の春 」 ・ 大滝由季生

 

北国の浅春の景をとらえて爽やか。冠雪の山から幾層にも重なり合う山々の骨格をしっかりとらえ造形的に構成、手前の河の流れと対照的だ。

広い視野が自然の景を大きく、落ち着きある景とした。(中)