第54回一線美術協会展

 

一線美術会員賞

「 時空旅 」  荻野 計

 

 古い壁の一隅、やや左中央に首のない女性らしきオブジェが置かれ、左手の壁に両手が描き込まれている。頭部はどこへ行ったのか。時空を超えて旅に出ているのだ。モノトーンの彩 調とマティエールが想念を駆る。(中)