第85回新構造展

高橋 美奈子

「来光」

 

 樹齢千年を思わせる大樹の根元に、精霊を彷彿とさせる三人の少女が雉子と共にくつろぐ。白衣に来光が耀き、永劫の命を讃美する。ひとつの物語が絵の中にあり、画面構築も行き届いている。(松)