第90回記念新構造展

高橋 美奈子

「アンコールワット旅情」

 

 遺構の間に陽がかかり、陰るシルエットが朱に包まれ、明け初めた水面にその姿を映している、不思議感覚にとらわれる幻想的光景だ。これは現実なのか幻覚なのか。大胆な発想と着彩。(中)