第77回新構造展

特 選

 

高橋 美奈子

「華 燭」

 花の生命のもっとも美しいとき、一番輝く瞬間を永遠にとどめようとする。

赤からオレンジ、黄色の暖色を中心にハイライトと翳りのコントラストに配意し、画面いっぱいに暉く、生命の美へのふるえがある。