第57回示現会展

 

桜井 淑子

「ひまわりのある静物」

 

 白い卓上の枯れて色を失ったひまわり。

そのひまわりの本来の色が放射されたように空間に広がり、無骨なストーブや椅子、卓の直線が空間を構成し、緊張感をつくる。

力強い真直な描写が印象的。