第60回記念新世紀展

 

紀井  學

「饗艶の刻」

 

 微細な色面やコラージュで幾層にも重ねられたマチエールの輝きの中に、女たちの饗艶の刻が開幕する。その色彩のリズムと形状のゆらめきが呼応して、鮮烈な中に弾ける動感がある。視点誘導も巧み。(松)