第64回新世紀展

 

紀井  學

「再生への胎動」

 

 縄文人がいまに伝える土器や土偶は心を揺さぶり魅了する。作家のエネルギッシュな制作活動と同様、作品もエモーショナルだ。彼らの自然界すべてに再生・誕生を感得していたのだ。作品のリズムと切れ味。(中)